滋養強壮剤はどんな時に飲むのでしょう

「滋養」は体に必要な栄養分を補給すること。「強壮」は体の機能を活発にしてパワーアップすること。

 

ということですから、滋養強壮剤を必要とするのは、

 

・力仕事や激しい運動で筋肉に乳酸などの疲労物質が溜まった、肉体疲労時。

 

・筋肉を使い続けて筋肉疲労が起きている状態の人が、栄養不足や内臓疲労も重なったとき

 

・加齢による体力低下や虚弱体質の人

 

・産前産後・病中病後の体力が低下しているとき

 

・精力減退や生殖器のホルモン感受性の低下時

 

・冷えからくる頭痛、めまい、のぼせ、下腹部痛、不眠のとき

疲労回復剤としての滋養強壮剤

疲れたといっているうちは病気ではないので、ついつい無理をしてしまいがちです。知らず知らずのうちに蓄積する慢性的な疲労は、ついには重大な病となって体を蝕んでいきます。

 

疲労からくる体力減退などの対処は、病院では栄養注射や栄養点滴をするのが主流でしたが、近年疲労回復剤として滋養強壮剤を利用する人が増えました。

 

健康志向の人が増え、マスメディアなどが毎日のように健康に関するニュースや番組を提供しています。

 

テレビの番組で納豆が良いと言えば、次の日にはスーパーマーケットでは納豆が売り切れるという現象は珍しくもなくなりました。

 

従って、各メーカーがこぞって健康増進や健康保持のためのサプリメントや滋養強壮剤を開発、販売に力を入れるようになりました。

 

私たち消費者は、数えきれないほどあるこれらの製品から本当に良いものを探し出して上手に利用するわけですが、インターネットなどのメーカーのホームページや口コミなどを利用して製品選びをすることで、自分に合ったものをみつけることができます。

 

また疲労回復剤などは、即効性も求められますので、薬剤師さんに相談して良いものを選べば失敗は少ないと思います。